• 鳥追観音 如法寺
    福島県耶麻郡西会津町野沢
  • 福生寺 金剛力士阿形像
    福島県大沼郡会津美里町
  • 左下り観音堂
    福島県大沼郡会津美里町大石東
  • 風鐸 圓藏寺にて
    福島県河沼郡柳津町寺家町
  • 福満虚空蔵菩薩 圓藏寺
    福島県河沼郡柳津町寺家町

会津祈りプロジェクトについて

2011年の東日本大震災では東北に住む人々にとって、忘れられない大きな出来事となりました。本プロジェクトの対象である会津地方は震災による直接の被害は少ないものの、津波の被害や東京電力福島第一原子力発電所の事故で避難してきた人々とともに、悲しみや苦しみを共有してきています。そして平穏な日々の大切さをあらためて知り、日々のなかでささやかに祈りながら暮らしています。私たちは、日々の中のささやか祈りの大切さを再認識し、「祈り」をテーマに会津の地方を紹介していきたいと思います。

会津は祈りのくに

 仏都会津と呼ばれるように会津地方には仏閣が多数存在します。その中には、国宝に指定されている如来像や重要文化財として指定されてい本堂や観音像など昔から受け継ぎ今もそこに生きる人々を見守っている存在です。そして人々はそれをよりどころとして大切にしてきたこれらを日々の悩みや苦しみ、そして安全に暮らせるよう切に願う心が祈りとなり、会津三十三観音めぐりや会津ころり観音めぐりなどの慣わしとなって現れています。

  • 会津ころり三観音

    2015/01/30

    「ころり」の意味には健康で長寿な人生をおくり、そしてころりと死ねるとの意味が含まれています。

  • 会津三十三観音めぐり

    2015/01/30

    日本各地に三十三観音めぐりはありますが、会津の三十三観音は地域の女性が御詠歌を詠みながらめぐる慣わしがあり、暮らしのなかに身近な存在となっています。

  • 国宝や重要文化財など

    2015/01/30

    会津地方には、地域ごとに寺院など祈りの場所を昔から大切にしていました。そのため昔の状態をとどめた仏像や観音堂などが多数あり全国的にも貴重なものとなっています。

会津の祈りの世界

祈りの生産地である会津

会津は漆工芸が盛んな地方です。お椀や重箱など一般的に知られているものから、金箔をあしらった仏壇や位牌などの仏具なども含まれます。特に位牌に関しては、日本で生産されている位牌の60%が会津地域で生産されています。みなさんのご家庭で「祈り」をささげるときにある道具はもしかしたら会津地方で生産されたものかもしれません。 その仏壇や位牌などの仏具を宗教用具といいますが、会津の宗教用具の生産企業によって会津宗教用具協同組合が組織され活動されています。